新築ギャラリー

K様邸

  • K様邸
  • 今回新築されたK様は築70年程経ったお宅にお住まいでした。水回りの設備は30年以上前にリフォームされたのですが、台所にお湯が出ないなどの不便な点も多く、都会に住む娘さんにこの家は水仕事が苦痛だといつも言われると笑っておられていました。
    一人暮らしのためそれほど大きな家はいらないとのことで、最初は平屋建てを考えていらっしゃいました。しかし、ともに都会で暮らしていらっしゃる息子さんが帰省した際に泊まれる部屋がやはり必要だということで最終的に2階建てで計画を進めることとなりました。あと希望されたのは法事のための二間続きの和室でしたが、そこを中心としながらも先々のことを考え、バリアフリーに対応した回遊性の高いプランを提案させていただきました。
    二間続きの和室と玄関はナカダ得意の伝統的な真壁造りとし、土壁塗り仕上げとしました。土壁は調湿性は室内に湿気が多いときは素材が湿気を吸収し、乾燥期にはこれを放出するので結露防止や適度な湿度の維持に効果があるとされ、日本の気候・風土に適しています。しかし、今では壁を塗る職人がたいへん少なくなっており、塗り壁で仕上げることがだんだん難しくなってきました。
    和室・玄関ともに柱や化粧材は当社在庫の桧材を使用しました。また玄関の踏板にはこれも在庫のブビンガの1枚板やケヤキの腰板などの銘木を使い、格式ある玄関となりました。

画像をクリックすると拡大表示されます。

PAGE TOP


メニュー