H様邸

  • 昭和50年代初頭に建てられたお宅です。
    何度も増改築を繰り返したそうですが、今回は水回りで唯一建てられた当時のままの浴室を改装したいとのご希望でした。コンパクトにまとめられたタイル貼りのお風呂と洗面所はいかにも時代を感じさせるものでした。
    特に洗面所は畳1.5枚分しかないうえに化粧洗面台と洗濯機が置かれている状況でした。
    そこで、ユニットバスに替える際に洗面所との仕切りの壁厚をなるべく薄くして洗面所を約10cm広げることにより、以前ほどの窮屈さは感じられなくなりました。
    また、打ち合わせには3Dパースで行うことにより仕上がりのイメージがつかみやすいと好評でした。

PAGE TOP


メニュー